https://m.youtube.com/c/tamayokan

加水分解のベタベタを除去した話

今年の梅雨は暑いですね〜。湿気が高くて暑いのは一番イヤです。毎日体が重くて錆びたような感じですぐ疲れてしまいます。コロナであんまり外出してリフレッシュという感じもないので美味しいものでも作って食べて元気になりたいところです。

そんなことで梅雨でスッキリしないこともあり部屋の掃除をしていたところケースに仕舞っておいたAnkerのUSB3.0ハブがベタベタになっているのを発見しました。何だこれは捨ててしまおうと思ったのですが考えてみると結構高かったし使う機会があるかはわかりませんがすぐ捨ててしまうのはちょっともったいない気がして趣味の音楽機材もよく加水分解するし経験として一度掃除してみてダメなら捨てればいいやということできれいにしてみることにしました。

最初はこんな感じです(※閲覧注意)

うぇ〜って感じですがまずはその辺にあった掃除用のマイクロファイバーで拭いてみました。

全然ダメでした。

すこし濡れただけで全くキレイになりませんでした。次に我が家の大掃除で大活躍している水の激落ちくんを試してみました。

これは結構よくて表面についた汚れだけ落ちていく感じでした。スプレーしてこすると汚れが浮いてきます。何回かやらないときれいになりませんが確実にベタついたホコリが取れていきます。成分は水酸化ナトリウムでアルカリ性って書いてありました。

一応端子部分に入らないようにセロテーブで保護しました(※ちょっと汚いです)

ここでやっとネットで調べだしたのですがこういう加水分解を掃除するには重曹が良くてそれは炭酸水素ナトリウムだそうです。水酸化ナトリウムは似ているから効果があるのかどうかわかりません。もしかしたら激落ちくんを使っては本当は良くないのかも知れません。もしこれを見てやってみようという方は自己責任でお願いします。うちのは買いだめしてあったものですので今のはパッケージが違っていたり色んな種類があるようですね。

懲りずにネットで調べてみると無水エタノールが良いという記載をみつけましたが持っていなかったのでその辺にあったアルコール消毒液をつかってみることにしました。

成分にエタノールと書いてありましたが無水エタノールとの違いはよく分かってません。これも汚れはとれていく感じでしたがついでに表面のコーティングも取れていく感じでした。結果見た目がまだらになってしまいました。

ということで水の激落ちくんでしっかり汚れを落とし最初つかってダメだったマイクロファイバーで拭き上げたところ最終的にこんな感じで結構きれいになりました。

もっと高価なものであればもう少し慎重に行うところですがそもそも捨てようと思ったものでしたので適当にやりました。結論として今回は水の激落ちくが一番良かった気がします。というかそもそもメーカーがこんな風になる素材を使わなければいいと思うんですが。

タイトルとURLをコピーしました