https://m.youtube.com/c/tamayokan

ギター弦(フラットワウンド)の話

僕はジャズが好きなんですがギター弦はジャズっぽい音と言われる太めのものが好きです。といっても太過ぎも疲れてしまうので011のセットが基準です。最近ジョーパスのマネごとが楽しかったので012のセットが欲しいな〜なんて考えています。でネットで色々な人の弦に関する意見を見ていると色々こだわりを持っていたり結構な頻度で交換されているようです。新しい弦ってたしかにハリがあって良い音ですよね。

自分のギター弦を最後に張り替えたのはいつなのかちょっと調べたところ2016年12月にアマゾンでフラットワウンド弦を買って張り替えたと思いますのでそろそろ3年半位張りっぱなしということになります。全く問題を感じないのですが弦って高いですからね〜頻繁に変えられないです。かのパットメセニーも2年位張りっぱなしの弦が良いとかなんとか言っていた記憶がありますので古い弦でも本人が問題なければそれで良いと思います。

弦って昔(20年位前)は普通のラウンドのセットで500円前後、フラットでも980円くらいとかなり安かったと思うんですが最近めちゃくちゃ高いと思います。最後にダダリオのフラット買ったときの値段は1726円で今は1920円くらいのようですから昔と比べてほぼ2倍になってる感じでこんな物頻繁に買えません。かつては今より気軽に色々な弦を試せたと思いますがもうムリですね〜。

そんなこんなで色々弦で失敗してもったいないこともしてきましてこれからもできるだけ失敗したくありませんということで、ここで自分のギター弦(特にジャズに合いそうな)に対する印象でもメモっときます。ラウンド弦も使ってますがとりあえずフラット弦だけにしときます。超個人的意見ですがもしどなたかの参考になったら嬉しいです。

La Bella(ラベラ)

一時ラベラの弦が好きでよく使っていました。どこかのレビューで死んだ音というのがありましたがあまりブライトな音は好きではないので自分にはちょうど良かったのかもしれません。

今はどうか知りませんがこの弦のいかん所は品質管理が悪いところです。ギター弦セットは1弦が入ってない代わりに2弦が2本入っていることがまれにあるんですがラベラはその確率が高かったです。また工業用油だと思いますが最初結構ベタベタします。しっかり拭き取ってやれば問題ないです。

今3,000円位するようですが昔はこんなに高くなかったです。サウンドハウスが一番安そうです。食わず嫌いは良くないので使ったことが無い方は試しても良いかもしれませんが自分としては結論的にダダリオ買っておけばいいのでよっぽど改善されてるのでなければわざわざ高い金を出して買うこともありませんね。

このラベラと今は無いですがダキストの弦がダークな音がして好きでした。ダキストは今のアリアの弦がそうなのかもしれません。ラベラはブラックナイロン弦というのもあってどんな音がするのか買って試したところ僕的には大失敗でした。興味の有る方は探して体験してみるのも良いかもしれませんがこれも高いです。

Thomastik Infeld(トマスティック・インフェルト)

トマスティックは好きな人多いでしょうね。昔はバイオリン弦というイメージでしたがこの弦を知ったときギター弦も有るのか〜なんて思って珍しかったので僕も一時使っていました。

ダダリオが980円くらいのとき1,700円ほどでしたので高級な印象がありました。当時はあまり売っているところもありませんでしたのでなおさらプレミアムな感じがしたんですが今は簡単に買える気がします。弦が金色で赤色の飾り糸がされているので実際に高級感もあります。

ただ自分の個人的意見ですが寿命が来るのが早い気がします。音色は上品な感じ(高級感があるのでそう感じるだけかもしれない)なのですが結局飽きて使わなくなってしました。でも評判は悪くないし良い弦だと思います。

FOEHN(?)

読めません。
中華弦です。これは安いですが地雷かもしれませんし気にいる人は気にいるかもしれません。僕は富士弦のフルアコにこれを3年位張りっぱなしにしていますが、換えたいといえば換えたいしそのままでいいかといえばそのままでもいいかなというくらい微妙です。

何言ってるのかわからないですがとりあえず1,000円位で買える安いフラットワウンドとしては貴重ですが、触った感じがフラットのくせに少しザラつきがあって少し音がブライトな気がしますので好みが分かれると思います。

あ、今改めて弾いてみましたけどザラつきもそんなに気にならないしそんなにブライトでも無いかもしれません。普通に良い弦かもしれません。なぜかまだ2セットも持っていますのであと10年くらい持ちそうです。はい僕にとっては弦は音云々より安いほうが大事です。サウンドハウスには無いようです。

D’Addario(ダダリオ)

みんな知ってるダダリオはどこにでもある普通の弦だと思いますが、この普通であることが非常に大切だと思います。弦にいろいろこだわるのは良いですが気に入った弦の供給がなくなってしまったら困りますし安定して入手できないのも困ります。あれ、同じこと言ってますかね?とにかくダダリオであればそういう心配は非常に少ないと思います。

大丈夫、弦にこだわったからって上手くなったり下手になったりしませ。ということで僕的にはダダリオの弦がトータルバランス的に一番だと考えています。ただ、先にも書きましたとおりかつての流通価格の2倍くらいの値段になってしまいました。なんとかならないのでしょうか。

結局ダダリオが一番良いんじゃないかって話

フラットワウンドを作っている弦メーカーはまだ色々ありますけど、こだわるのも楽しいですが結局はどこでも買えて安くて安定して供給されているものが一番良いのではないかと思います。ロックやアコギの世界では数週間とか何日かで交換する人もいるらしいですがチリも積もればということもありますのでそんなことしてたら僕の経済状況では多分破産してしまいます。

本当は新しい弦に交換出来る環境が良いとは思いますが僕は3年張った弦もまだ交換する気は全くありませんのでジャズやっててよかったな〜(?)って思います。

タイトルとURLをコピーしました