https://m.youtube.com/c/tamayokan

ジャズギターはセミアコかフルアコどっちが良いのか

みたいな話を巷で見かけますが実際はセミアコでもフルアコでもその他でも何でも良いと思います。プレテクのストラトでもレジェンドのレスポールでも本人が良ければ全く問題ないです。YouTubeにLuca MantovanelliがIbanezのスティーヴ・ヴァイモデルでジャズ的に弾いている映像がありますがこれ見てたら改めて何でも良いなと思いました。あとUlf Wakeniusは100ドルの中古アリアであのサウンドですからね。要は腕(セッティング含め)だということでしょうね。

Some jazz with Ibanez Pia
My debut album MULTIVERSUM: Masterclass Beginner: Masterclass Intermediate...
Pat Metheny-Ulf Wakenius plays "Falling Grace" (Steve Swallow)
If you want to learn more about Jazz Guitar! me on Patreon! Also brand new book!Oscar Peterson Licks For Jazz Guitar!⭐...

と言ってもこれでは話が終わってしまうのでジャズギターに使うギターは何が良いのか超主観的かつ独善的に考えてみようと思います。

まずフルアコですがギターを始めた少年の頃こんな古臭い感じのギターの何が良いのか全く分かりませんでしたが今はまるっきり逆でフルアコ(※それなり以上の)が音も見た目も一番美しいと思いますしこれでジャズ弾いてるのが一番しっくり来ると思います。ただしデメリットもありまずはデカいです。ケースが家の中ですごく邪魔になりギター自体に中身がないくせにケースが重いので持ち運びが意外と大変です。

あとデカくて抱えにくいので当然弾きにくく16インチ以下ミディアムスケールならまだ良いですがL5CESみたいな17インチボディ&ロングスケールになると慣れるまで弾くのがつらくなりSUPER400等の18インチになると既にギターが人を弾いてるような感じです。今のはつまらない冗談ですが取り敢えずこんな感じでデカいです。ついでに汎用性がなくてセッティングによって出来ないことはないですが軽快な音楽でも妙に音に深みが出過ぎてしまったりしてなんかマッチしないなど結構守備範囲は狭いと思います。この辺のデメリットが許容できればフルアコがいいですね。

セミアコはフルアコのデメリットを解消しているから最高じゃないかと思いますがジャズをやるとすると例えばストップテールピースのES335ですとこの辺は好みの話でしょうけど個人的には悪くはないですが少しソリッド過ぎな感じがします。繊細な音を出そうと思った場合ブランコの方が色々とコントロールしやすく感じます。個人的な感覚ですがセンターブロックの有無でフルアコとの箱鳴りの違いもありフルアコほどの深みはない分ロック的フュージョン的にも弾けるし守備範囲は広いと思いますが繊細さではフルアコには及ばないと思います

そう考えると僕が一番ベストと思うのは薄胴のフルアコです。ギブソンならByrdLandとかES330等、Archtop TributeならAT130、IbanezならAM2000HAMH90。フルアコは基本高価で使い続ければ安くないメンテ代もいずれかかりますがAMH90なら買い替えてしまえば済む(暴論)ような値段です。とは言え超個人的意見でこんなのただの好みの問題なので真に受けずに好きなの使ってください。

タイトルとURLをコピーしました